高脂血症と高血圧・20代の降圧治療

高脂血症は、コレステロールなどの脂質が血管に沈着することで起こります。コレステロールそのものは、細胞やホルモンの原料になるので必要不可欠ですが、多過ぎれば高脂血症をもたらし、生活習慣病のリスクを引き上げます。
高脂血症による代表的な病気には、高血圧があります。高脂血症は血管を狭めてしまいます。それでも心臓は今まで通り全身に同じ量の血液を届けようとするので、狭まった部分が詰まって血圧が高くなります。
これが長く続くと血栓ができて、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があります。
高血圧は高齢者の病気と考えられていましたが、今では10代でも20代でも、若い人がなるケースが増えています。20代の場合には、仕事のストレスや一人暮らしを始めたことによる食生活の変化、もともとの濃い味嗜好、アルコールやタバコの過剰摂取、などが原因になることが多いです。
20代の高血圧は、ほとんどが生活習慣の改善で治せるものです。もちろん症状が進行してしまうと降圧剤による薬物治療が必要になる可能性もありますが、早期であれば生活習慣を改めれば自力で回復可能です。
降圧のための食事では、薄味に慣れることを主眼に置きます。濃い味に慣れてしまった舌には薄味は物足りなさを感じさせてしまうかもしれませんが、その時には唐辛子やわさびなどの塩分の入っていないスパイスで味を代用するようにします。
また、食卓に常に醤油や塩を置いている人は、それをしまいます。小さなことですが、すぐに手に届くところに置かなければ、面倒なのでそのまま食べるのが習慣になります。
降圧のためには、まずは薄味に慣れること、それを当たり前に受け入れられるようになること、が大切です。